即日キャッシング・学生でも借りられるって本当?

消費者金融では、未成年にお金を貸すことはできません。では、20歳以上なら、学生でもお金を借りることができるのでしょうか。

消費者金融でお金を借りることのできる人、それは、20歳以上で収入がある人です。ですから学生で、収入のない方は借りることができません。しかし、パート、アルバイトなどで収入のある人なら学生でも借りることはできます。

借りるためには、必要な書類があります。源泉徴収票の写しや、所得証明、確定申告の写し。または、給与証明その写し(2カ月分必要な場合も)のような、収入を証明する書類。そして、運転免許証や、パスポート、健康保険証などの本人確認ができる書類です。また、インターネットでの振込キャッシングをする場合は、銀行の普通預金の通帳が必要です。

書類を用意したら、いくつか方法があるので自分のやりたい方法で申し込みます。窓口に行って、書類を作成して申し込む。無人契約機に行って、申し込む。自宅でインターネットを使って、申し込める業者も最近多くなりました。多くの場合14時までに手続きが完了していれば、即日融資も受けられます。

ただ、学生の身分で消費者金融からお金を借りることはあまり感心しません。アルバイトをしているから大丈夫だと思っているかもしれませんが、いつやめることになるかもしれないのです。体調を崩すかもしれないし、単位が足りなくなりそうだから、アルバイトをしている場合ではなくなってしまうかもしれません。学生の本分は学業です。お金を返すためにアルバイトを続けて学業がおろそかになっては本末転倒になってしまいます。

アルバイトをしているのであれば、アルバイトのお金で我慢をしましょう。消費者金融から借りられるお金の上限は、年収の1/3です。ですから、アルバイトでもらっているお金が少ないから借りようと思ったのなら、その1/3ですから、借りるより何かを我慢した方がいい額だと思いますよ

閉じる