消費者金融と銀行の借入・決定的な違いとは?

消費者金融と銀行はどちらもカードローンを扱っています。テレビなどのコマーシャルを見る限り、その違いははっきりと分かりません。しかしこの両者は似て非なるものなのです。見た目では分からない両者の違いについて説明したいと思います。

この両者の決定的違いは、適用される法律です。銀行のカードローンは銀行法が適用され、消費者金融は、貸金業法が適用されます。貸金業法は改正を重ね、より利用者保護と業界のイメージアップを図ってきました。そのため、より厳しい規制ができたのです。なかでも特徴的なものが総量規制です。

総量規制というのはすべての消費者金融は利用者の年収の1/3以上貸してはいけないという法律です。そして利用者がどの金融機関からいくら借りているかが分かるようにシステムを構築しました。信用情報機関を介して、消費者金融は横のつながりを持っているのです。これで貸し過ぎを防ぐとともに、返済などでトラブルを起こしている人も、すぐにわかるようになりました。

銀行法にはそのような規制はないので、各銀行によって、貸付限度額もまちまちです。また、収入のない専業主婦は、消費者金融からは融資を受けられませんが、銀行なら、夫の収入によって、貸し付けできる場合があります。

たくさん借りたい人にとって総量規制の対象外という事は、銀行カードローンのメリットでもあります。その代わり、審査が消費者金融よりも厳しいと言われています。その分時間もかかるため実際に融資を受けるまでに数日かかる場合もあります。消費者金融では即日融資の業者も多く、急いで融資を受けたい場合は、消費者金融の方が有利です。

金利は、銀行の方が低く設定されています。消費者金融はノンバンクとも呼ばれ、お金を貸すことが専門で、お金を預かることができないのです。ですから、預貯金で、お金を預かり、そのお金を貸し付けに回していく銀行とは構造が全く違うのです。消費者金融が貸し付けをするお金は、銀行から借りていて、利息を付けて返さなければならない分があります。銀行と同じ利息では商売にならないのです。

しかし、貸金業法で、金利の上限も決まっているので思ったより法外な利息がとられるわけではありません。消費者金融の利息の上限は、18.0%です。銀行カードローンは銀行によってまちまちですが、14.0%ぐらいが一番多いのではないでしょうか。そう考えると、確かに金利は違うけれど、思ったほど大きくはないと思います。

両社は適用される法律が違うので、どちらの方がいいのかは、借りる人本人が決めるしかありません。総量規制対象外が良ければ銀行のカードローン。厳しい審査なしで、即日借りたい方は消費者金融のカードローン。それぞれのニーズに合わせて選んでください。どちらにしても、計画的に返済をするようにしましょう。

閉じる